「アンビシャス」のメリットポイント

ポイント2:ニッチ層の生徒に対応できるようにしたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「ニッチ」とは大企業がターゲットしないような小さな市場の「隙間」マーケット。ここを「損失」なく狙える。

<学習塾の「ニッチ」層の生徒を取りこぼさない仕組み>

全国には大小合わせて約5万の「学習塾」があると言われています。

少子化が言われている昨今、敢えて「子供相手」の商売で独立開業を考えるなら「全学年」対象にできる仕組みを用意することは重要なポイントです。小規模の塾のコアダーゲットになる学年は大半が「小学生」「中学生」です。さらにここに対応するシステム、教材は山のようにあります。

もちろんこの学年を対応することは当然ですが、対象に出来ないと「思っている」学年はどんなところでしょうか。恐らくは

  • 中学受験生
  • 高校生
  • ハイレベルな高校受験
  • 大学受験

が多いかと存じます。私どもがこの全体からみて2割、3割の少数派の生徒、を学習塾でのニッチ(隙間)層と考えます。

 

<ニッチ層こそ今後の発展のカギ>

では、なぜ対象にできないと「思っている」のでしょうか?アンビシャスでは、全国の塾様をお伺いさせていただき、取材させていただいた中から実際の理由を挙げさせていただきます

  • 室長(=オーナー)が1人あるいはスタッフが少ない
  • 中学受験の各レベルに対応できる講師がいない
  • アルバイト講師の募集をかけても募集がこない
  • 年間で数件しかない問い合わせに対応している余裕はない
  • 室長(=オーナー)は指導できるが全部の生徒は面倒みられない
  • 生徒全てに対応できるシステムを導入すると固定費が増えすぎる
  • 高校になったら予備校にいくという雰囲気がある

等々が実際に合った理由です。

こうなれば当然「全体から見たら2割くらいしかいない、中学受験、大学受験の生徒のために時間や費用を割くより効率の良い公立小学生や公立中学生を対象にしたほうが経営的にも安定する」というお考えになると思います。

中でも高校生への対応が少ないことは驚きます。高校生はおそらく、中学生から在籍されていた方が多いはずですし、これから開業をお考えでしたら、塾の週辺の地域では「どんなことに強い塾なのか」という印象はまったくない状態からですので、わたしの塾は高校生に強い塾なんです!ということを全力で印象づけていただきたいと思います。

またもし開業をお考えの地域で「高校は予備校にいくもの」という雰囲気があるのならば知っておいていただきことは「全員が予備校が合う」とは限らないということです。上記のような理由で「高校生対象」の学習塾が少ないので、高校生としては予備校に行かざるを得ない、という状態になっていることもまた事実です。

アンビシャスなら「アウトプット重視」の自立型個別予備校コースも用意しているので対象学年の拡大がすぐ実現します。

 

アンビシャスが変えるポイント
  • ほぼどんなお客様のお問い合わせでも対応できます=チャンスロス撲滅
  • 中学受験、高校生、大学受験に直ぐ対応できます
  • 生徒一人のための対応が「損失なく」できる

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オンライン個別授業システムアンビシャスについて

コメント

  1. Johnnie より:

    Hi, very nice website, cheers!
    ——————————————————
    Need cheap and reliable hosting? Our shared plans start at $10 for an year and VPS plans for $6/Mo.
    ——————————————————
    Check here: https://www.reliable-webhosting.com/

コメントを残す

*