お知らせ・コラム

噂のモンテッソーリ教育が話題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近この教育方法を耳にした方も多いかと思います。

将棋で大記録を打ち立てたあの藤井四段が幼児期にモンテッソーリ教育を受けていたということで話題になったからですね。

調べてみると…

モンテッソーリ教育(モンテッソーリきょういく、Montessori education または the Montessori method)は、20世紀初頭にマリア・モンテッソーリによって考案された教育法。

イタリアローマ医師として精神病院で働いていたモンテッソーリは知的障害児へ感覚教育法を施し知的水準を上げるという効果を見せ、1907年に設立した貧困層の健常児を対象とした保育施設「子どもの家」において、その独特な教育法を完成させた。以後、モンテッソーリ教育を実施する施設は「子どもの家」と呼ばれるようになる。

ウィキペディアより引用

なんか分かったような、わからないような(-_-;)

このモンテッソーリ教育の目的は、「自立し責任感と他人への思いやりを持ち、学び続ける姿勢を持てる人間の育成」だそう。

裏付けとしておどろくのはこの「モンテッソーリ教育」を受けているの著名人たちです。

  • ジェフ・ベゾス(Amazon.comの創立者)
  • セルゲイ・ブリン(Googleの共同創立者)
  • ラリー・ペイジ(Googleの共同創立者)
  • ジミー・ウェールズ(wikipedia創設者)
  • アンネ・フランク(作家)

などなど。錚々たる顔ぶれです。

専門的なことはともかく、やはり「自立」ということは学習においても人間においても古から大切であることを再認識させられます。

弊社の現役京大生にも恐らくこうして育った方も多いのでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オンライン個別授業システムアンビシャスについて