お知らせ・コラム

学習塾もEdTech(エドテック)で教育が変わる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
EdTech(エドテック)ってなに?

EdTechとはエデュケーション(教育)とテクノロジー(IT)という言葉を組み合わせた造語を意味します。Education×TechnologyということでEdTech(エドテック)と呼ばれています。日本では「ICT(Information and Communication Technology)教育」というほうが馴染みがあるのかと思います。今、学習塾もeラーニングをはじめ、プログラミング教室やロボット教室などのテクノロジーを使っての教育サービスを提供するところが増えてきました。

なぜEdTechが大切なの?

それは2016年に4月に「コンピューターのプログラミング教育を小中学校で必修科目にする」と総理大臣が発表したからです。

「日本の若者には、第4次産業革命の時代を生き抜き、主導していってほしい。初等中等教育からプログラミング教育を必修化します」 
2020年からプログラミング教育を小中学校で必修科目とする考えを示しました。また、海外からも人材を集めるため、永住権の取得も迅速化する方針です。

こうした人材を育成をし、海外からの優秀な人材を日本に取り入れるということを「日本」が決めているからですね。こうして、育成された「デジタルネイティブ」な人材が今後の日本の産業をけん引し、結果日本の経済を豊かにしていくという計画ですね。

塾として何が必要なのでしょうか?

情報から計画を立てるに、当然「プログラミング教育」は必要になると感じます。しかし「人口にプログラミング教育」と言っても「どれが良いのか」と言うことは黎明期の今はわかならないということが正直なところではないでしょうか。また年代によっても、学ぶ内容は違うのは当然違うはずです。学習塾にターゲットにされているものの多くは「小学生向け」が多いはずです。しかし、中・高校・大学生向けを実施しても面白いのではないでしょうか。例えば、著名人の間で紹介されている

「プログラミングスパルタキャンプ」

などのような、本格プログラミングを習えることをオンライン家庭教師として自宅で出来る時代です。

「人が人に教えること」の大切さはなくなりはしませんが、そのほとんどをICTで補えるのは事実です。弊社としてもコンテンツサービスとしてオンラインでプログラムが提供できるようにしていきたいと感じています。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オンライン個別授業システムアンビシャスについて