お知らせ・コラム

オンライン家庭教師はホームスクーリングに代われる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ホームスクーリングとは

ホームスクーリング(英語: homeschooling)は、学校に通学せず、家庭に拠点を置いて学習を行うことをいう。オルタナティブ教育の形式のひとつであり、ホームスクール(英語: homeschool)、ホームエデュケーション(英語: home education)などともいう。ホームスクーリングが盛んな米国などでは、家庭を拠点としながら大部分の時間を戸外の教育機関で過ごすケースがあるため、在宅教育(ホームスクーリング)とともに、自宅ベース教育(home-based education ホーム・ベイスド・エデュケーション)と言う表現も使われる。 ウィキペディアより

学校に行っただけでこれからの時代を生き抜いていけるのか

作家のヘルマン・ヘッセやジョージ・バーナード・ショー、アーネスト・ヘミングウェー、作曲家の武満徹、ミュージシャンのデヴィッド・ボウイやジミ・ヘンドリックス、建築家の安藤忠雄、人工知能研究者のエリエゼル・ユドカウスキー……。これらの人物は、すべて、正規の学校教育に頼らずに、それぞれの分野で一流の業績を成し遂げた「独学者」たちである。彼らの成功を、単に「特別な才能があったから」と片付けるのはもったいない。そこには、これからの教育を考えるうえで重要なヒントがあるはずだ。 プレシデントオンラインより

なるほど、確かにそうかもしれないが、結果ありきで見てしまっている自分がいることも事実。

弊社は、全国津々浦々に「良質な教育」を届けたいというモットーを持ち、現役京大生、教科専門講師によるオンライン授業を提供している。大切なのは「双方向」「ライブ」ということ。

さらに、「良質な授業だけ」でどんな子供も成績が向上するのか、というとそれも中々難しい。

なぜならば、その地域に合った話題や情報、勉強以外の話を聞いてくれる存在が必要と考えるからです。

だからこそ、弊社では「全国のスクール」向けにカンタンに導入できるシステムとして提供させていただいているのです。

しかし、上記記事の通りだとすれば、お金をかけて塾や学校に通ったとしても、受けてがやる気がないのなら無意味なのではないかと思う。

逆に「金銭的に厳しい」状態でも受けてのやる気次第で、工夫をして「独学者」になれれば、結果が付いてくるものであるとも理解できる。

最近では、小学生から取り組める「オンライン英会話」「プログラミング」などAIの発達に合わせて、子供要求されることが大きくかわりました。つまり、それが今後の社会に必要なものであるとも言えるはずです。そんな時代に、学校だけの学びで足りるとは到底考えられません。つまり、海外ではそれが「ホームスクーリング」なのです。

記事によると「興味深いことに、ホームスクーリングの子どもたちには落ちこぼれが少なく、結果として有名大学への進学実績もいいというデータがある。自らの創意で学ぶ「独学」の優位性を示していると言えるだろう。」とのコメントも。

 

では、日本では何があるのでしょう。やはり、それが「塾」であると考えます。

経済的に豊かな人だけが受けられるということもあるでしょう。ここは、自治体などの取り組みで少しずつ変わり始めています。

実は、アンビシャスでもある市が運営する「学習支援」にオンラインの個別指導授業を提供しています。

受講する生徒は、金銭的に塾にはいけない生徒が多いです。そんな出来ることからの取り組みを行っております。

費用面では、このように国の支援を受けることも出来るでしょう。さらに、環境について劇的に変化したのは、やはり場所を選ぶことができるということです。塾が提供する授業を家でも受講することがカンタンにできる時代なのです。

現在「家庭で親から学ぶ「ホームスクーリング」がある。アメリカでは、100万人単位の子どもがホームスクーリングで学んでいる」とも言われています。

今後こにオンライン、双方向、ライブでの授業が「ホームスクーリング」のような役割を行っていけるのではないかと考えております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オンライン個別授業システムアンビシャスについて